〜私の強み〜 院長 野上宏明とは

 

私の強みは求める力の強さ。

 

仕事においても、プライベートにおいても願望が何か。自分が何を求めているか。どうなりたいか。

私は常に明確にしてきました。

 

明確にすると叶います。ました。

 

仕事においては、歯科医師として世界トップクラスの腕前を持つ!と常にトレーニングしてきました。

結果そうなっていると思います。

 勿論、競技ではないので自分の世界ランクなど分からないのですが、

海外の学会や歯科雑誌の症例との対比での自己評価、他のドクターからの声や患者さんの声から自信を持ちました。

 

でも、なぜそうなったのか?

 

自分が歯科医師として一流になる!と決めたからです。

多分中途半端な歯科医師でいいや。と思ったら中途半端な歯科医師になっていたと思います。

 

私は歯医者になりたての若い頃に患者さんに対し、自分の思い描く治療が出来ない事で、とても悔しい思いをしました。

この経験で私のスイッチが入りました。

 

自分が手がける治療は自分以外に右に出るものは居ない。という歯科医師になる!と決めました。

 

 

その当時は保険診療(保険がダメというわけではありません。)で一流になるつもりはなかったので、

研修医が終わった後に保険を取り扱うクリニックには就職せず自費診療のみのクリニックに修行のつもりで

採用活動もしていないクリニックの門を叩き丁稚奉公同然で就職させてもらいました。

 

その時は自費のみのクリニックなら適当なことはしないだろう。という安易な選択でしたが、

思った通り一切の妥協がない素晴らしいクリニック(現帝国ホテル内 クリニーク デュボワ)でした。

 

歯医者初心者の私には厳しい環境でしたので最初は全て上手くいく事はありませんでした。

 

ですが、『諦めない限り失敗ではない。』という言葉を師匠から頂きトライ&エラーを繰り返し、

失敗ではなく学びとして成長してきました。

結果2年で副院長を任されるまで成長することができました。

ひたすら勉強し臨床を磨き知識と技術をアップデートして自分の自信を高めていきました。

 

結果、今では毎日の臨床は常に納得の臨床が出来るようになりました。

 

これも思考を決めた後の行動の結果だと思います。ですが、まだまだ上があると思っています。

 

もっと上手くもっと知識を得て患者さんへの良質な医療の提供が出来るように研鑽していきます。

 

当院には若い衛生士、研修医といった経験も知識もまだこれからの人材が居ります。

毎日試行錯誤しています。当然です。最初は皆そうです。最初からできる人はいません。

だから自分の目指すべき将来、歯科医師、歯科衛生士としての志を決めてほしいと思います。

 

今日の意思決定が将来の道を開く。志に対してどの様な毎日を送るかが未来を決定します。

今日の完成なくして10年後の完成はありません。誰の為に何の為に仕事をするか。

曖昧ではダメです。明確にし決めることにより、やるべき事、方法、知恵が湧いてきます。

 

私はトライアスロンというスポーツ競技を趣味としております。

 

始めた当初、『趣味は何ですか?』と聞かれ『トライアスロンです。』と答えると

『あ~、あの長い距離を走ったり泳いだりするやつね。』と言われました。

因みにトライアスロンとは『スイム、バイク(自転車)、ラン』の3種目を順番に行う競技です。

 

 

その種類は大きく3つに分かれておりショート、ミドル、ロングという表現をします。

ロングというのはスイム3.8km、バイク180km、ラン42.195kmのトータル225.995kmです。

 

当時はショート(スイム1.5km、バイク40km、ラン10kmのトータル51.5km)しか出ていなかった私には

何度も何度も同じ事を聞かれ答えていくうちに、

どうせ目指すならトライアスロンの頂点の距離をクリアしたいと思う様になりました。

 

その時にオーストラリアのアイアンマンというロングの大会に出てゴールする。という事を決めました。

そうなると今までの練習の距離では全然足りなくなります。なんせショートの4倍以上の距離です。

普通にトレーニングしていたのでは絶対ゴールできないことも分かりました。。。

バイクは東京から浜松までの距離があります。

でも決めたことにより、やるべき事も明確になりました。

 

今までも歯科医師として、求めたものは手に入る!と知っていますので、トライアスロンも一緒でした。

アイアンマンになると求めたのでアイアンマンになりました。文章にすると簡単です。笑。

 

そして、人生とは人が生きた時間のことです。時間は有限。できる限り密度の濃い人生にしたいと私は思います。

やり切る人生も一回、中途半端な人生も一回。

あれもこれもやりたかったという人生ではなく、失敗もしたけどチャレンジした人生だった。

と自負して最後を迎える事が出来るようにチャレンジしていきます。

 

【野上 宏明 の自己紹介は こちら